2018〜2019年度 クラブ運営方針

「ROTARY BE THE INSPIRATION」
ロータリー:インスピレーションになろう

会長  江角 彰宣

バリー・ラシンRI会長は、2018から2019年度のテーマを「ロータリー:インスピレーションになろう」と定められました。そして「ロータリー:インスピレーションになろう」とは、ロータリーの奉仕は、人々の人生、そして地域社会を変えるものです。「前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性を持って正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引出すための「インスピレーション」となる必要がある。」とバリー・ラシン会長は答えています。
当クラブでは、各奉仕プロジェクト委員会において「使用済み切手収集運動」、「ユネスコ世界寺子屋運動への書き損じはがきでの募金活動」、「出雲市中学校野球大会支援」、「一般市民対象の無料健康相談会」など世界、国、地域への奉仕活動を長きに渡り継続しています。今年度も引き続き行いたいと思います。
RIの強調事項の一つでもある「会員増強」は勿論のことですが、今年度も女性会員と若い会員の増強を行い入会を促しています。会員増強委員会を中心に当クラブ会員のコンセンサスを得ながら、ロータリアンに相応しい新会員の入会に努めていきたいと思います。
親睦を高めるためには、例会の出席が必要です。出席が楽しみになるような例会内容全体をプログラム委員会、親睦委員会と共に相談しながら望みたいと思います。
末長範彦地区ガバナーからの地区目標の達成を重点項目とし、ロータリー賞の獲得、ポリオ撲滅の継続など各委員会と共に対応したいと思います。
地区テーマを「チャレンジしよう」とは、インスピレーションの意味として、一層鼓舞しよう、可能性を 指し示し、そこに到達する意欲を引き出し、行動を通じてのチャレンジと言うことだと解釈しています。職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕も行動することで達成されます。会員皆様の意見や行動をお待ち致しております。
今年度は、出雲ロータリークラブの65周年を迎え、周年事業を行います。皆様のご参加及びご意見を頂きながら、周年事業を成功に導くようご協力をお願いいたします。

▲topへ