2017~2018年度 クラブ運営方針

「ROTARY: MAKING A DIFFERENCE」
ロータリー:変化をもたらす

会長  藤 野 有 弘

イアン H.S. ライズリーRI会長は2017-2018年度のテーマを「ロータリー:変化をもたらす」と定められました。そして「ロータリー:変化をもたらす」とはそれぞれどのような方法で奉仕をすることを選んだとしても、奉仕を通じて人々の人生に変化をもたらせると信じているからですとイアン H.S. ライズリー会長は答えておられます。当クラブでは各奉仕プロジェクト委員会が「使用済み切手収集運動」、「ユネスコ世界寺子屋運動への書き損じはがきでの募金活動」、「出雲市中学校野球大会支援」、「一般市民対象の無料健康相談会」など全世界、国、地域への奉仕活動を長きにわたって継続していますが、今年度も誇りをもって続けたいと考えています。
 RIの強調事項の一つでもある会員増強、中でも男女会員のバランスや若い会員の入会を促しています。当クラブでも会員増強は喫緊の問題でもあり、会員増強委員会を中心に当クラブ会員のコンセンサスを得ながらロータリアンに相応しい新会員の入会に努めていきたいと思います。
 例会出席によって親睦が生まれ、そこから奉仕の理想が高まります。例会出席が義務ではなく、出席が楽しみになる例会内容全体をプログラム委員会、親睦委員会ともよく相談したいと考えています。
 池上 正地区ガバナーからの地区目標の達成を重点項目としたいと思います。特にRI会長賞の取得を目指し、内容を吟味して各委員会と共に対応したいと考えています。
 次年度当クラブは創立65周年を迎えます。会員の皆様と相談しながら実行委員会を立ち上げ、今年度から準備を行い会員皆様とお祝いしたいと考えています。
 今年度、池上 正地区ガバナーは地区テーマを「TAKE ACTION」とし、職業奉仕、社会奉仕、国際奉仕も行動することで達成されるとされています。会員皆様の意見や行動をお待ちしております。
 出雲ロータリークラブ会員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

▲topへ